2018年7月15日日曜日

翻新了入口區的存儲空間

梅雨も開けて猛暑の日々が続いています。西日本は水害で多くの方が亡くなられました。心よりご冥福をお祈りいたします。

わが家は4月末の大型連休からずっと週末や祭日は自宅の改修をDIYで行っています。ウッドデッキ、窓枠のタイル張り等々、他にも細かな日曜大工が週末のルーティンになっています。結果的に色々な工具が増えてしまいました。電動丸鋸やインパクトドライバー、そういった工具に付随する諸々の部材(ドリルやドライバーのビッド等です)も同じように増えてそういった工具や少しずつ余る材料の収納場所を真剣に考えなければいけなくなりました。元々以前よりDIYはやっていたので工具などが少しずつ増えて収納する場所も家の色々なところに分散して収納していたので、いざ工事になるとあれはどこだっけ?などということも頻繁になり、一念発起して家の工具をすべて収納できるように物入れの大改造に取り掛かりました。


今回改造して工具置き場にするのは玄関ホールの物入れです。普段は外出用のコートやパーカーがかかっていますがその下に色々な工具がなし崩し的に置かれて工具を一つ取り出すにも色々なものをどかして取り出す様になっていました。非効率な上に一々片付けもあって甚だ面倒です。


ここに縦間仕切りを組んでそこに収納できる棚を設けることにしました。今回は物入れの中なので下地から組み直さないといけません。床の合板も5mm程度で縦間仕切りを設置するには床下地を作り直しです。合板を剥がすと床のヘーベル版が露出します。床下地の根太は18mmの合板の端材なので、わが家の端材ストックから18mmのものを適当に選んでビス止めしていきます。


上に人が乗ったり重量のある工具を置いてもいいように15mmの構造用合板を敷きました。しっかりした床になりました。


縦間仕切りは12mmと15mmの合板と30X40mmの角材で組んでいきます。12mmの合板は品質が今一つですが、仕方がありません。15mmはいい感じですが値段がほぼ倍です。


合板は買ったホームセンターでカットしてもらいましたが、角材は今回も家の電動丸鋸が大活躍です。本格的なDIYには必需品です。猛暑なので外で材料を切っているだけで汗が吹き出てきます。


今回は内部空間の改修なので常に既存の部位との納まりを考えながら作業していきます。合板の長さが既存の物入れの中段の高さにわずかに足りないため、下地を継ぎ足していきます。こういった些末ですが必要な作業が続きます。


棚板を受ける桟を立て間仕切りを形成する方立てに設置してほぼ部材の制作は完成。これから建て込みです。左右の方立てに設置した桟の高さはぴったり一致してほっと一安心。普通は間違うはずはないのですが、勘違いは必ず発生してしまいます。


棚板もきれいに設置できて一安心。これも予定通りといえば予定通りなのですが、部材寸法のミスもなくいい感じでできました。


縦間仕切りの左側は工具を収納する棚を設置し、アステージの蓋なしのNFボックスがピッタリ入るようにしました。奥さんとも相談して、やっぱり蓋なしのシンプルで頑丈なボックスが一番ということでNFボックスにしました。とは言っても念のために下3段は蓋付きでも納まるように寸法を調整してあります。右の棚の下には電動丸鋸を収納し、その上は今までと同じようにコート掛けとして使います。ハンガーパイプの位置も上げて裾が擦らないようにしています。想定外の作業の連続という感じでしたが、約3日かかって何とか出来上がりました。

暑いので屋外のDIY作業は秋まで延期、庭の樹木の手入れをするのがやっとという感じになりそうです。

2018年6月30日土曜日

窗口低框架翻新完成了

6月の初めから作業をしてきました自宅のリビングダイニングキッチンの出窓の下枠天板のタイル張り工事がついに完成しました。もっと簡単にできると思っていたのですが結局ほぼ4週間、約1ヶ月かかってしまいました。下地の調整に始まり、下枠の見切りの設置と塗装、タイルの端材のカット、接着、目地埋めなど殆どの作業が初めてのものばかりだったのも時間がかかった原因だと思います。今回の作業でずいぶん慣れました。次にやる時はもう少し早くできると思います。


約2週間前にタイルを張るところまで作業しました。先週は出窓の一つに目地を入れました。今日は残り2つの出窓の目地を入れていきます。


目地材(白セメント)を水で練ってタイルの上に置いていきます。実はタイルの目地材も最初に購入した防カビ剤入りの製品はホワイトという色名なのにかなりイエローが強くほとんどクリーム色という感じでした。結局、1/3ほど目地を詰めたところで色がおかしいことに気がついて全て撤去して新しい材料を購入して目地を入れなおしました。こういった細かなやり直しが今回は度々ありました。


接着剤を伸ばすヘラを使って目地材を目地に詰め込みながら伸ばしていきます。このタイルは23mmの細かなモザイクタイルで厚みも10mmとかなり厚いです。実はタイルではなく大理石です。材料が厚いので目地材がどんどん入っていきます。当初購入した材料も全然量が足りず慌てて追加の目地材を買いに行きました。


全ての目地に目地材を配り終わったらスポンジで大理石表面の目地材を拭き取っていきます。この時に強く拭き取ると目地が深くなって印象が全然変わってしまいます。これも最初の目地入れで失敗したところです。目地の入れ方一つで仕上がりの雰囲気が大きく変わります。タイル工事本当に面白いです。


何度も何度も繰り返しスポンジで表面を撫でるようにして不要な目地材を取り除いていきます。完成するとこんな感じです。タイルと違って大理石の自然な色幅がいい感じです。


今度はキッチン横の出窓のタイルです。こちらは大理石ではなく釉薬のかかったモザイクタイルです。サイズは大理石とほぼ同じ25mmですが厚さは6mmです。このサイズのモザイクタイルの標準的な寸法です。同じように目地材を作って流し込みます。


ホワイトセメント1kgに対して水は約250ccです。夏場は硬化が早いので水を冷やして使うようにとの指示が取扱説明書に記載されています。いちいち作業がひと手間多いです。


こちらは先ほどの大理石とは違って釉薬を施したタイルなのでコテのすべりが圧倒的にスムーズです。しかも目地の深さが6mmであまり量も使いません。全然楽に作業できます。


先ほどの目地材であっという間に半分近く目地入れできました。慣れてきたせいもありますが快調に作業できています。


同じように表面の目地材を拭き取って完成です。この時期は西日が北側から回り込みますので天板に直射日光があたって眩しいです。部屋の感じがずいぶん変わりました。奥さんも喜んでくれて一安心です。1ヶ月近くかかりましたが美しい出来映えに苦労も忘れてしまいました。色々勉強もできました。これだからDIYは楽しいですね。

2018年6月17日日曜日

窗口低框架翻新在工作

出窓下枠のリノベーションは第2周となりました。今回は最大のポイントであるタイルの貼り付けです。弾性接着剤を塗布して一気に張っていきます。施工現場では何度も見ていますが自分で手掛けるのは勿論初めてです。


弾性接着剤(下地が合板でも使える製品)、接着剤を均すコテ、櫛目コテ、目地材と一応材料と道具は揃っています。


タイルは張り始めたら時間との競争になるので、どこにどのシートを貼るかを同じように並べておきます。


接着剤を絞り出してコテで均していきます。今週末は気温が低く接着剤の粘度がかなり高いです。そのためコテで均していくのが一苦労です。片手ではつらくなって両手で引いていきます。


とにかく全面に均し終わりました。これがかなりの重労働でした。もう少し柔らかい接着剤だと良かったです。


櫛目コテで櫛目を付けていきます。タイルを張る際にはお約束の作業だそうです。塗布量が指定されているのですが、とにかく全面に均すのが精一杯でで量のコントロールができていません。


続いてタイルのシートを張っていきます。張った直後は押さえて推すと僅かに動きますので端部やシート同士の間隔(目地幅)を調整していきます。計測して調整する時間がないので完全に目分量です。


なんとか最初の出窓下枠にタイルを張り終わりました。目地幅など仮置きしてみたときと同じように張れましたので概ねうまく行ったと思います。出窓のオペレーターの周囲などは後からタイルを切削して埋めますのでまだ隙間が空いています。


続いてもう一つの出窓です。こちらは最初の接着剤を使い切ってもう1本の接着剤を使います。奥さんに手伝ってもらって最初のチューブからほぼ完全に接着剤を取り出すことができました。


同じように全体の接着剤を均して櫛目コテで櫛目を付けていきます。二回目なので最初よりは若干手際が良くなりました。何事も経験ですね。


こちらも問題なく全てのタイルシートを張ることができました。翌日はタイルの切り欠きを行って張り込んで目地を埋める予定でしたが、タイルの切り欠きがかなり手間取ってしまったので来週末に延期となりました。全体の感じが見えてきたので少し嬉しいです。

2018年6月10日日曜日

我開始窗口低框架翻新

ベランダのウッドデッキ工事が終わって、次の大工仕事はリビングダイニングの出窓の下枠天板のリノベーションです。開けっ放しにしておいた時に風雨で天板が濡れて表面の突板がぼろぼろになってきています。こういった部分の材質を考えないメーカーの開発者の配慮の無さを感じます。傷んだ突板を撤去して別の材料を仕上げ直すことにしました。


竣工時は美しかった天板も歳月が過ぎてぼろぼろになってしまいました。まずはこの天板の突板とその下の下地を除去します。


今回は突板を撤去した後にこのようなモザイクタイルを張ることにしました。正確にはタイルではなくビアンコカララ(白大理石)です。小さなモザイクがキャラメルみたいでかわいいです。


端部には見切りが必要なので石材の厚さに合わせた角材を用意しました。これはヒノキ材なので切っている時にいい香りがしました。両面テープと真鍮釘で固定します。


角材の角がピン角なので角材にペーパーを巻き付けて角度を決めて削って面取りしていきます。


その後除去範囲の突板と下地を剥がしていきます。このように簡単に剥がれるところと未だ接着が健全でなかなか剥がせないところがあります。


今日の作業で一番ハードでした。切れ端のササクレがしばしば手に刺さって痛いし、破片が飛び散って部屋は汚れるし散々な状態です。


同じ大きさのもう一つの出窓も同様に見切材を設置します。こちらの出窓は開け放しのままでいることが少なく天板がそれほど傷んでいないので部分的に撤去して全体としては突板を残すことにしました。弾性接着剤は塗り厚が1~2mmはありますので多少の段差は無視できます。


キッチン脇の出窓にも同様にタイルを張ります。ここは実は天板の突板がほとんど傷んでいないのですが、奥さんの強いリクエストもあり、今回のリフォームでタイルを張ることにしました。


見切り材を設置し終わったら、塗装の範囲をマスキングします。中腰の作業で腰が痛いくなります。


ペンキを塗って見切り材と天板の端部を一体に見せるように仕上げたところです。塗装にまだむらがあるので、今週中にもう一度塗装して今週末にタイルを張る予定です。

2018年5月27日日曜日

二樓木甲板建設差不多完成了

今週末は先週に続き2階のウッドデッキ工事です。想像以上に大変でなかな終わりません。実は先週届いた床板が節が多くて使い物にならず、販売会社と相談して急遽、新しい材料を送ってもらうことになりました。


ということで土曜日は朝から床板の設置工事です。天気予報では土日ともに雨は降りませんが、土曜日の方が天気が良さそうです。と思っていたのですが朝から曇り空でなんとなく嫌な予感です。


新しい床板の配送は何時かわからないのでできるところからどんどん作っていきます。これはベランダに後設置した差し掛けの屋根の柱と雨樋です。ここだけは電動ではない鋸で角をカットしました。ハードウッドが手鋸で切断できるかどうか大いに疑問でしたがやってみたら意外に簡単に出来ました。ただし時間はかかります。効率的にかつ切断面を美しく仕上げるならばやはり台付の電動丸鋸一番速くて仕上がりが美しいと思います。


屋根の柱と樋の部分を避けてから再び定尺の長さで床を張っていきます。デッキがだいぶ広くなってきました。


まだ床材が届かないので残工事がある3階ベランダで端部の床板を設置しました。120mm幅の床材では納まらず、105mm板を追加して設置します。きれいに納まりました。


お昼前に追加の床材が届きました。配送時に床材表面の木目や節の有無をチェックします。今回はいい材料が届きました。早速指定の寸法にカットして2階に運びます。


引き続き床板を張っていきます。天気は暑くもなく寒くもなく絶好の屋外工事日和です。


長尺の床版はほぼ張り終わりました。端部をネジ1本でと止めているだけなので工事はどんどん進みます。その後目地の幅を測ってバールで間隔を調整した後に大引と床板をビスで固定していきます。ここを丁寧に調節していくだけで仕上がりがとてもきれいになります。


この辺りで夕方となりました。長尺の床板は全て設置して目地幅の調整も完了です。


工事が終わった後の床の掃除と道具の後片付けでも30分以上かかります。暗くなるまで目一杯工事をしているとその後が大変です。


日曜日も朝から工事です。朝から写真を撮る間もなく作業をしていましたので完成したデッキをお見せします。今回はブルーベリーの大鉢があるのでそれをいかに活かすかを考えてデザインしました。


ウッドデッキは広い部分のみに設置し、細長いベランダにはデッキは敷設せず、樹脂製の保護マットを設置することにしました。基本はメンテナンスのためのベランダですのデッキを設置してもほとんど使いません。


掃出し窓の外枠から5mmほど下がったレベルで床面を保ちましたので水下側はかなり嵩上げしています。ベランダ腰壁が相対的に低くなって開放的になりました。


エアコンの室外機も以前のものは不自然に大きかったので、今回は機器の寸法に合わせてコンパクトになるように寸法を調整し、新しく作り直しました。


ベランダの先端は簀子式にしています。開けるとドレインがあります。普段は見せたくないので簀子形式のデッキで覆っています。掃除の際にはこのように簀子を跳ね上げます。


簀子を閉じればこのとおりです。ハードウッドで非常に重いので普段は置いてあるだけでもガタつくこともなく安定しています。


2つのブルーベリーの間も簀子形式にしています。将来的に鉢植えの追加や家庭菜園のプランターを置くためのスペースです。単純なウッドデッキですが今回は本当に設計も施工もいろいろ考えました。業者さんに頼んでもここまでは出来なかったと思います。自分でアイデアを出して形にする、DIYの醍醐味です。

まだデッキでネジを設置していない箇所が50ヶ所ほどあります。それを全て設置して、表面の墨出線を全て消去して完成です。今週の土曜日には完成させたいですね。